個人リストの作成は即対応で新鮮なうちに使うのが基本

>サイトマップ

お知らせnews

個人リストの作成は即対応で新鮮なうちに使うのが基本

■名刺交換したらその日のうちにリスト化の習慣を

取引先訪問や来訪、異業種交流会などを通じて名刺交換をしたら、得られた情報をすぐにリスト化しておきましょう。
必要なときに名刺をひっぱり出そうとしても、すぐに見つからず、誰といつ会ったかの記憶も曖昧になってしまいます。
後でまとめてやろうと思っていては、日頃の業務に追われてついつい後回しになり、そのまま放置されて有効活用ができません。
いただいた名刺はできるだけ、その日のうちに表計算ソフトなどを使ってリスト作成を行いましょう。
後からまとめて何十枚、何百枚もの名刺をリスト登録するのは大変ですが、その日の分だけならすぐに終わります。
毎日の最後のルーティーンとして、リスト作成をする習慣を付けましょう。

■アンケート結果もリスト化して使いやすく加工を

イベントなどを開催して、景品などと引き換えに来場者アンケートを書いてもらった場合やポイント付与やサンプルの送付、懸賞応募と引き換えにネットアンケートに回答してもらった場合も、リスト作成が不可欠です。
紙のアンケートをファイリングしただけで、リストが作成できたと思ってはいけません。
それでは名刺を名刺ケースに入れたまま放置しているのと同じです。
すぐに活用できる状態にしてこそ、リスト作成ができたといえます。
表計算ソフトなどに登録して、ターゲットの抽出がしやすいよう、検索できる形にインデックスを付けて編集しておきましょう。
ネットアンケートの場合、システム的にリスト化されるケースも多いです。
ですが、ただリストを保管していては回答を得た意味がありません。
システム的に作成されたリストをもとに、業務目的や自分が利用しやすい形に加工して、すぐに使えるリスト作成を行いましょう。

■情報を得るのが難しいときには

かつては訪問営業や飛び込み営業で得られた名刺も、近年では企業のセキュリティが厳しくなり、事前のアポイントがないと内部に入れてももらえません。
一般の人も個人情報に敏感になり、アンケートをしても名前しか書かない、連絡先などが未回答といった方も増えています。
目的やターゲットに合った最新の情報を得たいなら、自らリスト作成をする手間や労力を省き、信頼ある情報源から最新の目的別リストを購入する方法も一つの手段です。

  • 0120-599-091
  • お問い合わせ・サンプル請求